社長ブログ

2019年10月22日
県知事懇談会

2020年度会長としての謝辞

来年の抱負と協力

参加者全員写真

2019年度は福岡ブロック協議会において大きな一歩となる年であったと言える。
これまで青年会議所では、年度毎に替わる単年度制において福岡県(県庁)の協力を得ながらも、その運動が翌年には続けて行われず、なかなか結果を報告しづらいことも多々あった。

そのため、本年一年間は福岡県と大きな協力体制を築くことができ、ワールドカップ開催期間中の博多駅前ファンゾーンをお借りして、福岡県を盛り上げる「FUKUOKAコンファレンス」等のイベントの開催にもご尽力いただいた。

翌年以降は東京オリンピック・パラリンピックの開催や、2021年には世界水泳が開催されるなど、福岡県にとってもインバウンドや国際交流・国際理解を勧める年でもあると言える。

小川県知事には、「来年は、今年の運動を基に数値的根拠の示せる運動を起こしていきましょう」と温かいお言葉をいただいた。自身が会長を務める年でもある2020年度に大きな期待が寄せられることについても、前向きにとらえていきたい。